Fandom


超神水とは、漫画「ドラゴンボール」に登場するアイテム。

概要 編集

カリン塔にある特殊な液体で、体の中に秘められた潜在能力が引き出される効果を持つ。

しかしこの水は極めて強い毒性を持っており、その毒に抗えるだけの強い生命力と精神力がなければ反動を受けて死んでしまう。ヤジロベーはこの水を一滴指につけて舐めたが、水を舐めたときに死にかけ、吐き出してしまう。悟空以外にも14人の人間が飲んだが、生きていたものはいない。(悟空を除く)カリン様でさえ吐き出してしまうほどの強い毒性。悟空はこの水を飲み、一晩近く苦しみ抜いた末に効力を得る事ができた。また、テレビアニメでは、氷の洞窟の奥深くで、ヤミという洞窟の支配者の試練に乗り越えた者だけが飲む事が出来る。

超神水(アニメ版のみ) 編集

ドラゴンボールZのガーリックjr.編で登場。洗脳や寄生された者を正気に戻す薬で、神殿に置かれている。
この超神水は名前こそ同じだが、原作や無印の超神水とは無関係なので、くれぐれも混同しないよう注意。

ドラゴンボールZ 編集

ガーリックjr.編で使用。

ドラゴンボールGT 編集

キビト神がベビー編で使用。ベビーに寄生された者を正気に戻した。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。