Fandom


試合用のパワーとは、漫画「ドラゴンボール」に登場する概念。

概要編集

第22回天下一武道会で悟空が使用した只の手加減。
天津飯戦で悟空が便宜上名付けた。
因みに本気を出したときの名称は「戦闘用のパワー」と言う。
手加減をした理由としては、本気を出すと相手を殺しかねないとのこと。
しかし天津飯なら本気で戦っても大丈夫だろうという理由で天津飯との戦いでは敢えて戦闘用のパワーを使用した。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。