Dragon Ball Wiki
Advertisement

「ブラックフリーザです。 この姿を手に入れるのになかなか苦労しましたよ」

ブラックフリーザ(ぶらっくふりーざ)とは漫画版『ドラゴンボール超生残者グラノラ編に登場するフリーザの新たな変身形態。

概要[]

漫画版『ドラゴンボール超生残者グラノラ編で登場したフリーザの新形態。

ゴールデンフリーザと同じく最終形態から進化した様な容姿で、ブラックカラーリングの両腕や下半身、尻尾が特徴的。

顔面や両手、両足は黒光りしている他、隆起した腰の骨はゴールデンフリーザと同じだが、消失していた両肩の水晶体がこの形態では再び発現している。

たまたま侵攻した惑星にて精神と時の部屋の様に外界と隔絶された異次元を発見しそこを利用。その中で約10年間の修行を行い苦労の末に手に入れた。

戦闘力[]

サイヤ人として進化を遂げた真の身勝手の極意孫悟空我儘の極意ベジータを一撃で沈めるほどの戦闘力を発揮している。

また、異次元空間に在中していた故にグラノラガスの「自らを宇宙一の戦士にして欲しい」というドラゴンボールへの願いに該当しなかった為、彼らがフリーザを上回る事は無く、結果寿命を常に消費し強くなり続けるガスを瞬殺する程の隔絶したパワーアップを遂げる事となった。

余談[]

  • エイジ764年からエイジ779年月までの約15年間と、その4ヶ月後であるエイジ779年月からエイジ780年初期までの数ヶ月間、合計約15年間死亡していたため、精神と時の部屋で過ごしたことで、約10年分だけ歳をとり、本来の肉体年齢より約5年だけ若い状況になったと言える。
    • もう約5年以上修行して初めてフリーザは実質、本来の年齢より早く老けたと言える。
  • 黒色から金色に変わるキャラクターこそいるものの、金色から黒色に変わった事から、読者からはクレジットカードのランクをモチーフとして取り入れたのでは?と言われている。後付けではあるものの、成り上がるフリーザにはピッタリなモチーフと言えよう。
Advertisement