Dragon Ball Wiki
Advertisement

エビフリャーは、『ドラゴンボール』に登場するバイオ戦士。声は山口健が担当。

概要[]

Dr.コーチン配下のバイオ戦士。いかつい体が特徴。他のバイオ戦士とは異なり、劇中ではDr.コーチンに合わせて言葉を発するなど、彼の意思と同調しているかのような描写があった。掌から、触れたものを凍らせる「凍結拳」を放つ。この技により、悟飯とクリリンは一時的に凍らされてしまった。悟空もこれを喰らって凍結しそうになるが、すんでのところで脱出した。最後は界王拳の一撃で壁に吹き飛ばされて倒された。

名前の由来は、エビフライから[1]

脚注[]

  1. 渡辺彰則編「'89~'90memorial」『ドラゴンボール大全集 6巻』68-69頁。
Advertisement